並河靖之七宝記念館

 GWのある日、京都・東山にある並河靖之七宝記念館に行ってきました。 
 
 以前からずっと気になっていた記念館でした!


 (1) 虫籠窓、駒寄せ、一文字瓦の町屋

a0116472_11561044.jpg


  明治から昭和にかけての日本を代表する七宝焼きの名手、並河靖之氏の自宅兼工房で
  彼の見事な作品と庭や家屋を見せていただくことができます。

  細かい細工の七宝にすっかり心が奪われました。


 (2) 庭の片隅にあった狸さん

a0116472_12331697.jpg



 (3) 近くの茶釜も置いてあって、遊び心を感じられました

a0116472_12341536.jpg



 (4) 展示を見たアトリエから主屋を見る

a0116472_1214998.jpg


     作品や主屋は撮影禁止でしたが、主屋にもあがらせて頂けます。
     ここで七宝焼きの工程のビデオを見ることができます。
     細かい工程のひとつひとつが分業で行われています。
     匠の技が時に競い合い、時に高め合って、素晴らしい作品ができることを知りました。
     

 (5) 作庭師、七代目・小川治兵衛が琵琶湖疏水を取り入れた見事な「水の庭」と主屋

a0116472_129719.jpg



 (6) 水の庭を眺めていると飛んできたつがいの鴨

a0116472_12171811.jpg


     まさか飛んで来るとは思わず、ビックリしてしまいましたヽ(*'0'*)ツ


 (7) 水の庭に溶け込んだように、仲良く泳いでいました! う~ん、いい眺め!

a0116472_12195670.jpg



 (8) 鉢植えの藤の花も見事でした。 扉の向こうは通り庭(お台所)があります。
     ここも見せていただけました!

a0116472_1237862.jpg




     年に2回、作品の入れ替えがあるようなので是非、秋にも訪れたいです!
  
     (この日の写真は他にもありますが、不定期でお伝えしていければと思います)  
[PR]
by nikophoto09 | 2009-05-13 12:49 | 建物・庭
<< 近江舞子内湖(1) 空中庭園展望台 (3) >>