新樹の森 in 奈良


春日大社は豊かな森を有しています。


ムクロジの大木の近くにて

a0116472_1605584.jpg



南門から若宮社の間にある御間道(おあいみち)

a0116472_1645977.jpg



下の祢宜道(ねぎみち)は別名ささやきの小径と呼ばれています。
小鳥のさえずりを聞きながら森を縫って歩くのは気持ちがいいですね~!

a0116472_1661940.jpg



下の祢宜道の終着点は高畑。
この先に志賀直哉旧居があります。

a0116472_1645519.jpg




新樹とは若葉が芽吹いてみずみずしい緑色をしている樹木。新緑の樹木。(デジタル大辞泉より)
五月の季語となっていますね。
タイトルはそこから新樹の森と名付けてみました。






もちいどの商店街に入口にある麺闘庵さんで早目のお昼を頂きました。

a0116472_16173354.jpg



巾着きつねで有名だそうですが、私は小鹿うどんを頼んでみました。

a0116472_16175415.jpg



器いっぱいに広がるお揚げさんに小鹿の烙印が可愛いです。


お店の大将。

a0116472_1619852.jpg



お店の雰囲気と大将の肌のつやがあんまりよかったので、元お相撲さんかと思ってしまいました(笑)
お聞きしてみると、饂飩を湯がく湯気できっと肌のつやがいいんでしょう、とのことでした。
なかなか楽しいご主人で、またふらりと行ってみたいお饂飩屋さんです。
(このお店はTVや雑誌でも、あちこち取りあげられているようです。)
[PR]
by nikophoto09 | 2011-05-17 16:49 | 景色・風景
<< 反り橋 砂ずりの藤 >>