輝ける未来のために・・

よし今度も立派に乗り越えてみせるぞ。
朝の来ない夜はないのだから。
ー吉川英治ー


a0116472_22275881.jpg

(某日某所、早朝)


吉川英治は亡父の好きな作家でした。

まだまだ不安な日々が続いていますが、輝ける未来のために
踏ん張りましょう!!






今日は映画『阪急電車』を見てきました。
原作のイメージを壊さない
ハートウォーミングな映画になっていました。
いやぁ、よかった~♪

結婚前まであの沿線に住んでいただけに
懐かしい風景ばかり。

宮本信子さん演じる萩原時江さんは生前の母とどこかダブるところがありました。
どちらかと言うと母はふんわりした人でしたが
常識、躾には一本筋の通った人でした(笑)
主人も観ながら母と重なっていたと話していました。

友人もエキストラ出演していたと聞いていたのですが
ついぞわからずじまいでした。
残念!!

出演者皆さん、素晴らしかったですよ~!
チョイ役で思わぬ俳優、女優さんも出ていたりして
色んな意味で大いに楽しめた、気持ちのいい映画でした!
阪急沿線の方もそうでない方も
是非、ご覧になってほしい、お勧め映画です。
(4月28日、少し書き替えました。)
[PR]
by nikophoto09 | 2011-04-27 22:31 | 景色・風景
<< Books 阪急電車 >>