オルゴール

  船坂の写真はまだ残っていますが
  なかなか更新できないまま次がつかえていますので、先を急ぎましょう!

  船坂を後にして訪れたのは六甲ミーツ・アート「芸術散歩2010」です。

  六甲は強風が吹き荒れ、めちゃくちゃ寒かったです!
  
  (1) その中、最初に訪れたのは、オルゴール・ミュージアム『ホール・オブ・ホールズ六甲』です。

a0116472_20303687.jpg


      年代物やからくり、小さいオルゴールから大型のオルゴールまで数多く展示されています。
      実際にオルゴールを聞かせてくれるミニ・コンサートもしています。
      特別展『久石譲。記憶の扉』と題して、オルゴールによる久石譲氏の音楽を聞かせて頂きました。
      (コンサート中の撮影は禁止ですが、その前後は撮影もOKでした。)

  
  (2) 自動人形 エクリヴァン (1988年 スイス ミシェル・ベルトラン作)

a0116472_1937960.jpg



  (3) プチコンサートでも聞かせていただきました。
      お気に入りのオルゴールになりました!

a0116472_19414069.jpg



      夜更けにピエロが手紙を書いています。
      ウトウトと居眠りを始めると、ランプの火が消えそうになります。
      目覚めたピエロは灯を大きくしてから、再び手紙を書き始めます。

                                     (ホールズ・オブ・ホールズのコレクション紹介より)


  (4) オートマタ(自動人形) 
       私達が見たコンサートには登場しませんでしたが、これも雰囲気のあるオルゴールでした。

a0116472_19502570.jpg



  (5) コンサートホール
       真ん中の大きなオルゴールは自動演奏オルガン(ダンス・オルガン)デカップ・ダンス・オルガン"ケンペナー"(1938年 ベルギー デカップ社製)
       コンサートで聞かせていただきました!

a0116472_19522455.jpg



  (6) シュトラウス・カフェ側から見る『ホール・オブ・ホールズ六甲』
       池には無数の浮きが・・これもアート作品。

a0116472_2003450.jpg







  (7) 池のほとりに立っていた小屋の窓

a0116472_205598.jpg



  (8) 池のまわりには、いくつものおうちの形をしたオルゴールが・・

a0116472_2065544.jpg



  (9) 下の紐をひっぱるとオルゴールが聴こえてきます。
      ここもみな、久石譲さんのメロディーでした。

a0116472_20161459.jpg



  オルゴールミュージアムと六甲高山植物園は隣接しています!
  次回はそちらへと散策しましょう!!

[PR]
by nikophoto09 | 2010-11-11 20:36 | イベント・祭り
<< 六甲ミーツ・アート「芸術散歩2...  旧船坂小学校 >>